東京地検特捜部 ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が、10年前のリーマンショックで生じた私的な投資での18億円余りの損失を日産に付け替えるなどしていた疑いがあるとして、東京地検特捜部は日産に損害を与えた特別背任の疑いで再逮捕した。

東京地方裁判所は20日、ゴーン前会長らがみずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した容疑について、勾留の延長を認めない決定をしていた。ん~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする