羽生竜王が竜王戦、敗れる 平成3年以来の無冠に

将棋の羽生善治竜王が、八大タイトルの1つ、竜王戦で敗れてただ1つ保持していた「竜王」のタイトルを失いました。羽生さんは平成3年から27年間、続けてきたタイトル保持者の地位を失って、無冠となった。

第31期竜王戦の七番勝負は、タイトルを持つ羽生善治竜王(48)と挑戦者の広瀬章人八段(31)が、3勝3敗の五分のまま最終局を迎えた。

最終局は、山口県下関市で20日から行われ、互角の形勢が続きましたが、21日夕方以降、広瀬八段が攻め続ける展開となり、午後6時50分ごろ、167手までで羽生竜王が投了した。

敗れた羽生竜王は「竜王」のタイトルを失い、平成3年から27年間、続けてきたタイトル保持者の地位を失って、無冠となった。

前人未到のタイトル通算100期の達成は持ち越しとなり、勝った広瀬八段は初めて竜王を獲得し、7年ぶりにタイトル保持者となった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする