国税調査官が源泉徴収水増し不正還付で懲戒免職・なんたる事やぁ

千葉県内の税務署の職員が、去年まで5年間の確定申告で源泉徴収の金額を水増しして不正な還付を受けていたとして、東京国税局は21日、この職員を懲戒免職にした。

懲戒免職になったのは、千葉県内の税務署に勤務する46歳の上席国税調査官です。

東京国税局によりますと、この職員は去年まで5年間の確定申告で本人や親族が株取引で得た配当の源泉徴収の金額を水増しし、所得税の還付金およそ26万円を不正に受給していたという事だ。せこいよぉ~

この職員は東京国税局の調べに対し「不正に得た金は生活費に充てた」となどと話しているということで、公務員としての信用を失墜させたとして、21日付けで懲戒免職になった。

東京国税局の大久保昇一国税広報広聴室長は「税務行政に携わる公務員としてあるまじき行為で、深くおわびいたします」とコメントしている。今年は、お詫びの年だねぇ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする