運転免許証有効期限の表記 来春から西暦と元号 併記にる!

運転免許証の有効期限の表記が来年の春から西暦と元号を併記する様式に変わります。

警察庁は現在、元号での表記となっている運転免許証の有効期限について、日本で免許証を保有する外国人が増え続けていることから、外国人にも分かりやすい西暦に表記を改める方向で検討を進めてた。一般から意見を募集したところ、寄せられたおよそ2万件の意見のうち、8割が否定的な考えだ。

結果を踏まえ、警察庁は西暦とその右側にかっこ書きで元号を併記することとし、道路交通法の施行規則を改正することにした。

新たな様式の運転免許証は来年の3月末からシステムの改修を終えた都道府県から順次、交付される見通しで、来年5月1日に皇太子さまが即位されて以降に交付された免許には西暦と新たな元号が表記されることにる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする