米裁判所 北朝鮮に賠償命令の判決 拘束で学生死亡の裁判

北朝鮮に拘束されたあと死亡したアメリカの学生の家族が北朝鮮を相手取って損害賠償を求めていた裁判で、アメリカの裁判所は北朝鮮に対して550億円余りの支払いを命じる判決を言い渡した。

裁判は、北朝鮮で1年以上拘束されたあと去年、脳に障害を負って帰国し、まもなく死亡したアメリカ人大学生、オットー・ワームビアさんの両親が、北朝鮮に対して賠償を求めていたものです。

両親は裁判で、「北朝鮮は長年政治犯を虐待しており、釈放された当時の息子の容態は、北朝鮮が拷問し故意に死に至らしめたことを示している。こうした北朝鮮の行いは正義のもとにさらされるべきだ」と訴えていた。

首都ワシントンにある連邦地方裁判所は24日、両親の訴えを認め、北朝鮮に対して5億ドル余り、日本円にして550億円余りの賠償金の支払いを命じる判決を言い渡した。

アメリカの法律では、北朝鮮などテロ支援国家に指定されている国については、アメリカの裁判所がその国の責任を認め、賠償を命じることができる。

アメリカと北朝鮮はことし史上初の首脳会談で非核化協議を続けていくことで合意しましたが、その後、非核化の具体的な進め方をめぐって協議は停滞しており、北朝鮮による人権侵害を認めた今回の判決が今後の双方の関係にどのような影響を及ぼすのか、注目される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする