立憲民主党 無所属議員4人が入党 参議院でも野党第1党になった

旧民進党出身で無所属の参議院議員4人が、25日、立憲民主党に入党しました。これにより、立憲民主党の参議院議員は23人となり、参議院でも野党第1党になった。

立憲民主党に入党したのは、いずれも旧民進党出身で無所属の参議院議員で、千葉選挙区選出の長浜博行氏、神奈川選挙区選出の真山勇一氏、三重選挙区選出の芝博一氏、福岡選挙区選出の野田国義氏の4人だ。

真山氏、芝氏、野田氏は、すでに立憲民主党の会派に所属している。

立憲民主党は、25日の常任幹事会で4人の入党を認め、これにより所属する参議院議員の数が23人になり、国民民主党を1人上回って、参議院でも野党第1党になった。

立憲民主党の福山幹事長は、記者会見で、「心から歓迎したい。党の活動に対し、一定の評価を頂いたことも含め責任が重くなるので、参議院の中でも頑張っていきたい」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする