“年末寒波” 28日にかけ猛吹雪の見込み 暴風雪など警戒を!

強い冬型の気圧配置の影響で、北海道では雪を伴って風が強く吹く荒れた天気となっています。北陸と東北の日本海側でも28日にかけて風が強まり、猛吹雪となる見込みで、気象庁は暴風雪などに警戒するとともに、大雪による交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本付近は今月30日ごろにかけて強い冬型の気圧配置となり、上空にはこの冬いちばんの寒気が流れ込む見込みです。

北海道の日本海側では、雪を伴って風が非常に強く吹く荒れた天気となっていますが、北陸と東北の日本海側でも28日にかけて風が強まり、猛吹雪となる見込みです。

28日にかけての最大風速は、北海道と北陸、伊豆諸島で20メートルと予想され、最大瞬間風速は30メートルに達する見込みです。

また、北陸から北日本の日本海側を中心に大雪となるほか、東日本から西日本の山沿いでも大雪となるおそれがあります。

28日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで北陸で80センチ、東北と関東甲信で60センチ、北海道と東海で50センチと予想されています。その後も29日朝までの24時間に、東北と関東甲信、それに北陸で60センチから80センチ、北海道と東海、近畿、中国で30センチから50センチの雪が降る見込みです。

また28日にかけての波の高さは、東北の日本海側と北陸で6メートルと大しけとなる見込みです。

気象庁は、暴風雪や高波、大雪に警戒するとともに、交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする