日経平均株価 去年の年末比で値下がり 7年ぶり

東京株式市場は28日、ことし1年の取り引きを終え、日経平均株価のことしの終値は、去年の年末と比べて2700円余り安い2万14円77銭でした。日経平均株価が年間を通して値下がりするのは平成23年以来、7年ぶりだ。

28日の東京株式市場は27日の取り引きで、ことし最大の値上がり幅となったことを受け、当面の利益を確保するために値上がりした銘柄を売る動きが見られた。

日経平均株価、28日の終値は27日より62円85銭安い、2万14円77銭で、去年の年末の終値と比べると2750円17銭、率にして12%の値下がりになった。

日経平均株価が年間を通して値下がりしたのは、平成23年以来7年ぶりで、デフレ脱却を目指した経済政策、アベノミクスが始まって以降、初めてだ。

また、東証株価指数=トピックスは27日より7.54下がって、1494.09で、おととし以来、2年ぶりに年間を通して下落となった。1日の出来高は11億9506万株でした。

市場関係者は「世界経済の先行きに対する警戒感は、引き続き根強い。それだけに年末から年明けにかけて発表されるアメリカや中国の経済関連の指標や、それを受けたニューヨーク市場の値動きなどを確かめて、来年の景気をうかがいたいという投資家も多い」と話している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする