帰省ラッシュきょうピーク 雪で東海道新幹線に遅れ!

年末年始をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが29日から始まり、空の便や新幹線などはいずれも混雑が予想されています。年末年始の帰省ラッシュは29日がピークで、空の便、新幹線、高速道路はいずれも混雑する見通しだ。

航空各社によりますと国内の空の便は羽田空港から各地へ向かう便が29日は終日、ほぼ満席となっています。全日空と日本航空によりますと今のところ、ほぼ平常通り運航する予定だ。

JR各社によりますと、東京発の下りの新幹線は東海道・山陽新幹線の博多行きの「のぞみ」の指定席や東北・北海道新幹線の「はやぶさ」の新函館北斗行きの指定席が29日は終日、満席になるなど、多くの列車で混雑するという事だ。

JR東海によりますと、東海道新幹線は雪の影響で豊橋と新大阪の間で速度を落として運転しているため、20分ほどの遅れが出ている。

高速道路も下り線で渋滞が始まっている。

午前8時半現在の渋滞は、
▽東名阪自動車道で三重県の鈴鹿インターチェンジ付近を先頭に20キロ
▽関越自動車道で群馬県の赤城高原サービスエリア付近を先頭に10キロ
▽名神高速道路で滋賀県の八日市インターチェンジ付近を先頭に10キロ
などとなっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする