正月に餅詰まらせ搬送 7割が元日に集中 注意して食べて!

過去5年間の正月三が日に、都内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送されたおよそ100人のうち、7割が元日に集中していることが東京消防庁の調べで分かった。東京消防庁は多くの人が元日に久しぶりに餅を食べることから詰まらせやすいとみて、注意を呼びかけている。

東京消防庁によりますと、平成26年からことしまでの5年間の正月三が日に、都内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送された人は合わせて97人で、このうち5人が死亡した。

搬送された人の9割は60歳以上が占めていて、餅をかんだり飲み込んだりする力が弱いことが原因とみられるという事です。

過去5年間に搬送された97人を日付別に調べると、全体のおよそ7割にあたる合わせて66人が、いずれも元日に搬送されていた事が分かった。

東京消防庁は多くの人が元日に久しぶりに餅を食べることからのどに詰まらせやすいとみて、注意を呼びかけている。

具体的には、餅は小さく切って急がずによくかんで食べるほか、詰まらせた場合に備えて、あらかじめ応急手当ての方法を理解しておいてほしいと呼びかけている。!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする