円相場 一時104円台 アップル業績下方修正で急速に円高に!

アップルが業績を下方修正したという発表を受け、外国為替市場では、中国経済の減速が明らかになったとして、リスクを避けようとドルを売って円を買う動きが強まり、円相場は一時、1ドル=104円台をつけるなど急速な円高が進んだ。

アップルは、去年12月までの3か月間の業績を下方修正し、その理由として、中国経済の減速が想定を上回ったことを挙げている。

これを受けてアップルの株価は大きく値下がりし、中国経済の減速によって世界経済の先行きへの不安感が一段と強まったとして、外国為替市場ではリスクを避けようと、比較的安全だとされる円を買う動きが急速に進んだ。

円相場は、一時、去年3月以来となる1ドル=104円80銭台まで円高ドル安が進んだ。その後はドルを買い戻す動きも出ている。

市場関係者は、「参加者が少ないこともあり、急激に相場が動いた。アップルの下方修正の発表によって、世界経済の減速が強く意識される状況になっている」と話している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする