部分日食 きょう午前中 全国各地で

太陽の一部が月に隠れる部分日食が、6日、3年ぶりに全国各地で観測されます。太陽を直接見ると目を痛めるおそれがあり、国立天文台などは専用の日食グラスを使うなど安全な観測を呼びかけている。

部分日食は、太陽と月と地球が一直線上に並んだときに、地球から見て太陽の一部が月に隠れる現象で、日本で観測されるのは2016年3月9日以来3年ぶりとなる。

晴れて雲がかからなければ、6日午前8時台から昼ごろにかけて全国各地で観測することができる様だ。

各地の部分日食の時間は

時間帯は地域によって異なり、北に行くほど欠ける割合が大きくなる。

このうち札幌では、午前8時46分ごろから欠け始め、最も欠けるのは午前10時13分ごろで、太陽の見かけの面積のおよそ42%が欠けます。終了は午前11時47分ごろです。

東京では、午前8時43分ごろに欠け始め、最も欠けるのは午前10時6分ごろで、見かけの面積のおよそ30%が欠けます。終わるのは午前11時36分ごろです。

大阪では、午前8時40分ごろに欠け始め、最も欠けるのは午前9時57分ごろで、およそ26%が欠けます。午前11時22分ごろに元の状態に戻ります。

沖縄 那覇では、午前8時50分ごろから欠け始め、午前9時39分ごろに、およそ6%が欠けます。終了は午前10時33分ごろです。

国立天文台「専用の日食グラスなどで観測を」

国立天文台などによりますと、太陽を直接見たり双眼鏡や望遠鏡を使ったりすると、強い光と熱で目を痛めるため、太陽の光を大幅にカットする専用の日食グラスなどを使うか、日光を投影させるなどの、安全な方法で観測することを呼びかけている。

部分日食は、ことしは12月26日にも国内で見ることができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする