株価値下がり 円高ドル安で売り注文広がる

10日の東京株式市場、株価は値下がりしました。外国為替市場で円高ドル安が進んだことなどから多くの銘柄に売り注文が広がった。

日経平均株価、10日の終値は9日より263円26銭安い2万163円80銭。
東証株価指数=トピックスは、13.10下がって1522.01。
1日の出来高は13億892万株だった。

市場関係者は「外国為替市場で円高ドル安となったことから、多くの銘柄に売り注文が広がった。また、きのうまで行われた米中の貿易をめぐる次官級の協議が、期待されたほどは進展しなかったとの見方から、中国との取り引きが多い企業に売り注文が目立った」と話しる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする