密着特命係24時・1月16日・警察密着番組に右京と亘が出演!?

警察密着番組に右京と亘が出演!? 取材映像に事件の謎を解く鍵が!

内村刑事部長(片桐竜次)のツテで、捜査一課に警察密着番組の取材が入ることに。ディレクターの野田(やべきょうすけ)が取材する中、弁護士の男が転落死し、その顔が赤く塗られているという不可解な事件が発生。伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)はカメラを意識しながら捜査に臨むが、現場に右京(水谷豊)亘(反町隆史)が颯爽と現れ、野田が2人をメインに撮影してしまったため、取材映像は内村によってお蔵入りさせられてしまう。そんな中、右京はお蔵入りになった映像に、辞職した警察官・立花(袴田吉彦)が映り込んでいるのを発見。立花には、3年前、女性刺殺事件の犯人を正当防衛で射殺した過去があった。事件後、立花は犯人遺族から告訴されたのだが、そのとき原告側の弁護についていたのが、今回転落死した男だった。偶然では片付けられない符合に気づいた右京と亘は、捜査を続行。弁護士の事務所から、意味ありげな暗号を発見する。また、立花と同期だった芹沢も独自に事件を追い始めるが…!?

弁護士の転落死に芹沢と同期の元警察官が関与!? 被害者が残した謎の暗号が意味するものとは? 3年前と現在、2つの事件が意外な繋がりを見せる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする