チリ沖でM6.7の地震 津波のおそれなし

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の午前10時半ごろチリで地震がありました。震源地はチリ中部の沖合で、震源の深さは53キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.7と推定されています。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、この地震による津波のおそれはないという事だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする