仏経済相「新経営陣にルノーと日産の提携強化期待」

フランスの自動車メーカー、ルノーが取締役会を開いて、新たな経営陣を決めるのを前に、筆頭株主であるフランス政府のルメール経財相が訪問先のスイスでNHKなどの取材に応じ、新たなトップには、ルノーと日産の提携関係をより強化するよう期待するという考えを示した。

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が務めるルノーの会長とCEO=最高経営責任者について筆頭株主であるフランス政府は、安定した経営体制を築くことが優先だとして交代を求めていて、ゴーン前会長も辞任の意向を示している。

ルノーは24日に取締役会を開いて新しい経営陣を決めることにしていますが、これを前に、フランスのルメール経財相が23日夜、訪問先のスイスで、取材に応じた。

この中でルメール経財相は、「近く取締役会で選ばれるトップには、ルノーと日産の提携関係をより強化するよう期待したい。これが最も重要だ」と述べた。

「ルノーが自動運転や電気自動車の分野で最先端の技術を確実に持ち続けることができるようにするのが今後のトップの役割だ」と述べて、日産との提携によってルノーが最新技術を持ち続けることが重要だという認識を示した。

ルノーのトップが日産のトップを兼ねるべきかという質問に対してルメール経済相は、「まずはルノーの経営体制を整えるのが重要だ」と述べるにとどまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする