トランプ大統領 米朝首脳会談「場所 日程は来週発表」

アメリカのトランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談の日程や場所など詳細について「来週前半に発表する」と明らかにした。米朝両国の当局者どうしが詰めの協議を行っていて、首脳会談に向けて、非核化の進め方などでどのような合意ができるのかが注目される。

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談について、31日、ホワイトハウスで記者団に対し「場所は予想がついていると思うが、2月末に首脳会談を行う」と述べた。

会談の具体的な日程や開催地について「来週の前半に発表する。北朝鮮側は会談に前向きで意欲的だ」と述べ、首脳会談の詳細については来週にも発表することを明らかにした。

2回目の米朝首脳会談をめぐっては、ポンペイオ国務長官が30日、「アジアのどこかで行う」と述べていて、開催地として、ベトナムなどが有力視されている。

北朝鮮問題を担当するアメリカのビーガン特別代表は、今月3日から韓国を訪問するのに合わせて、北朝鮮の当局者と協議を行う予定で、非核化に向けた具体的な進め方をめぐって、北朝鮮側とどのような合意ができるのかが注目されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする