東京 豊島区の広報課長を逮捕 中1女子に性的暴行の疑い

東京 豊島区の56歳の広報課長が、スマートフォンのアプリで知り合った中学1年生の女子生徒に性的暴行をしたとして、警視庁に逮捕されました。調べに対して、容疑を否認しているという事だ。

逮捕されたのは、豊島区の広報課長、高島武彦容疑者(56)です。

警視庁によりますと、去年10月、スマートフォンのアプリで知り合った中学1年生の13歳の女子生徒に、車の中で性的な暴行をした疑いが持たれている。

高島課長は当初、男子高校生になりすましてやり取りをし、女子生徒が悩みを相談すると、会うことを持ちかけたという事です。警視庁が詳しいいきさつを調べている。

警視庁によりますと、調べに対し「性的な暴行をした覚えはない」などと供述し、容疑を否認しているという事だ。

豊島区の高野之夫区長は「事実であるとすれば、職員として許されない行為であり、被害に遭われた方などに深くおわびし、厳正に対処します」とコメントしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする