統計不正問題 野党側 参考人招致要求も 与党側拒否・なんで!

厚生労働省の統計不正問題をめぐって、衆議院予算委員会の理事会で、野党側は更迭された幹部職員らの参考人招致を改めて求めましたが、与党側は応じませんでした。

国会では5日も、衆議院予算委員会で、安倍総理大臣とすべての閣僚が出席して、防災対策の費用などを盛り込んだ今年度の第2次補正予算案の審議が始まった。

これに先立って開かれた理事会で、野党側は、厚生労働省の統計不正問題をめぐって、先週更迭された統計担当の大西康之前政策統括官らを参考人として招致するよう改めて求めた。

与党側は、後任の政策統括官が答弁するのが望ましいなどとして応じませんでした。

予算委員会の野田聖子委員長は、質疑のあと、補正予算案の採決を行うことを職権で決めていて、補正予算案は5日夜、衆議院本会議でも採決され、参議院に送られる見通しだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする