トランプ大統領とFRB議長が初の会合 金融政策で注文か

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会は、パウエル議長が、トランプ大統領の招待を受けて非公式の会合を開いたと発表しました。1年前に議長に就任して以来初めての会合で、FRBの利上げを繰り返し批判してきたトランプ大統領が、何らかの注文をつけたのか注目される。

FRBは4日、パウエル議長と副議長が、トランプ大統領やムニューシン財務長官とホワイトハウスで非公式の会合を開き、夕食を共にしたと発表した。

会合は、最近の経済情勢のほか、経済成長や雇用、それに物価の見通しについて議論するため、トランプ大統領の招待で開かれた。

この中でパウエル議長は、金融政策は今後の経済情勢しだいで判断すると強調しただけで、政策の見通しについては議論しなかったとしている。

そのうえでパウエル議長は、金融政策は客観的な分析に基づいて行われ、政治的な要因では決まらないと述べたという事だ。

パウエル氏がトランプ大統領と会合を行うのは、1年前に議長に就任して以来初めてだ。

FRBは先週、これまでの金融政策の路線を修正し、いったん利上げを休止する方針を示しましたが、金利の引き上げを繰り返し批判してきたトランプ大統領が、何らかの注文をつけたのか注目される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする