米朝首脳会談 今月27日と28日にベトナムで開催 トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領は5日の一般教書演説で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を、今月27日と28日の2日間の日程でベトナムで開催すると発表した。

トランプ大統領は、朝鮮半島情勢について「人質は帰国し、核実験は中止し、この15か月以上ミサイルは発射されていない。自分が大統領に選ばれていなかったら、私の意見では、私たちは今、北朝鮮と戦争になっていただろう」と述べた。

そのうえで「まだ多くの仕事が残されている。しかし私とキム・ジョンウン委員長との関係は良好だ」と強調し、今月27日と28日の2日間の日程でベトナムで2回目の米朝首脳会談を開催すると発表した。

トランプ大統領はベトナムのどの都市で会談が行われるかまでは言及しませんでしたが、開催地についてはベトナム中部のダナンが有力視されている。

2回目の首脳会談では北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置とともに、北朝鮮がその条件として求める経済的な見返りへの対応が焦点になる。

官房長官「会談に向け政策すり合わせたい」

菅官房長官は、午前の記者会見で「わが国としては朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮側のコミットメントを含む、米朝首脳間の去年6月の合意が完全かつ迅速に履行されることを期待したい。最も重視している拉致問題は、従来よりアメリカと緊密に連携してきているが、引き続いて第2回の米朝首脳会談に向けても、しっかり政策をすり合わせて行きたい」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする