トランプ大統領が一般教書演説 米朝首脳会談の日程を発表

アメリカのトランプ大統領は一般教書演説で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を今月27日と28日にベトナムで開催すると発表しました。北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置と経済的な見返りへの対応が焦点になる。

トランプ大統領は現地時間の5日夜(日本時間6日午前11時すぎ)から、アメリカ議会の上下両院の議員などを前に今後1年の施政方針を示す一般教書演説を行った。

このなかでトランプ大統領は「この2年で世界はわれわれの経済を羨み、軍事力は最強になり、アメリカは日々勝利をおさめている」と成果を強調した。

そして「国民の命と雇用を守る移民制度をつくる道義的な義務がある」と述べたうえで、「私が壁を作ってみせる」として、国境沿いの壁の建設の必要性を改めて訴えた。

またトランプ大統領は外交政策で、中国との貿易問題のほか、北朝鮮の非核化をめぐる協議を取り上げ「私が大統領に選ばれていなかったら、北朝鮮と戦争になっていた」と述べた。

そして「やるべきことは多く残されているが、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長との関係は良好だ」として、2回目の米朝首脳会談を今月27日と28日の2日間、ベトナムで開催すると明らかにした。

トランプ大統領とキム委員長の1回目の会談は去年6月にシンガポールで開かれ、両首脳は朝鮮半島の完全な非核化への決意を確認したとしましたが、その後の米朝間の協議は停滞している。

北朝鮮の非核化を巡っては、核関連施設の申告や査察など具体的な措置を求めるアメリカと経済的な見返りを求める北朝鮮の間の隔たりは大きく、十分な歩み寄りがないまま会談を開催することへの懸念の声も出ている。

このため2回目の会談でどこまで具体的な合意に至ることができるかは不透明で、両者の水面下の協議の行方に注目が集まっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする