ルノー会長がきょう訪日 日産社長らと会談へ 関係修復目指すか

ルノーのスナール会長が14日から日本を訪れ日産自動車の西川廣人社長ら経営陣と会談します。カルロス・ゴーン前会長をめぐる事件の後、立場の違いが出ている両社の関係の修復を目指すと見られる。

ゴーン前会長の後任として先月ルノーの会長に就任したスナール氏は、日産がことし4月に開く臨時の株主総会で日産の新しい取締役に選任される見通しだ。14日から日本を訪れ日産の西川社長ら経営陣と、順次会談することにしている。

会談について西川社長は、12日の記者会見で「両社の間で信頼関係のもとでコミュニケーションを取って日々の業務を安定させるのがいちばんの課題だ。まずはそれに注力する」と述べている。

一連の会談ではゴーン前会長をめぐる事件の後、日産の会長人事などで立場の違いが出ている両社の関係の修復を目指すと見られる。

また今回の来日では、三菱自動車工業の益子修CEOも交えて経営トップ3人が初めて直接会談を行う方向だ。

ルノー側のアライアンスの責任者であるスナール会長が、3社のグループ運営に関してどのような意向を示すのか注目される。

スナール会長「会談の機会得られうれしい」

ルノーのスナール会長は、日本時間の14日未明、日本に向かう飛行機に乗るためパリ近郊の空港に姿を見せた。

そしてNHKなどの取材に対し「日産や三菱自動車との会談のために行く。この機会が得られてうれしく思っている」と述べた。

スナール会長はこのあと、笑顔を見せながら手荷物検査場に向かっていった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする