森友学園問題 籠池前理事長「国策捜査許せない」 大阪地裁

森友学園の籠池前理事長と妻が国などの補助金をだまし取った罪に問われている裁判が大阪地方裁判所で始まり、前理事長は、一部を認めたものの「国民の目をそらすための国策捜査で絶対に許せない」などと述べ、争う姿勢を示した。

森友学園の前理事長、籠池泰典被告(66)と妻の諄子被告(62)は、小学校の建設工事や幼稚園の運営などをめぐり、国と大阪府、大阪市から1億7000万円余りの補助金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われている。

午後2時から大阪地方裁判所で始まった初公判で、認否を問われた籠池泰典被告(66)は「国策捜査をして国策逮捕、国策勾留は絶対に許せません。あらゆるものをすべて失いました。私と妻に対する口封じです。安倍官邸からの意向と官邸へのそんたくにより財務省が動くなどした重大な事件から、国民の目をそらせるために別件逮捕したのです」などと語気を強めた。

そして起訴された内容について「幼稚園の補助金の一部で事実と異なる申請をしたことは否めません。自分の非は率直に認めます」と一部を認めたものの、国の補助金に関してはだます意図はないとして無罪を主張した。

捜査批判を展開する内容に対して途中、検察官が抗議する場面もありましたが、前理事長は「りんと咲く日の本一の夫婦花(めおとばな)」という句を詠んで締めくくった。

一方、妻の諄子被告(62)は「全く関与していない」などと述べ、全面的に無罪を主張した。

傍聴席の倍率は11.8倍

初公判を傍聴しようと、大阪地裁には大勢の人たちが訪れ、裁判所は急きょ、予定より早く整理券を配った。

裁判所によりますと、54の一般傍聴席に対して642人が傍聴を希望したため抽選が行われ、倍率は11.8倍だったということだ。

大阪市内から訪れた女性は「籠池さんを見てみたいと思ってきました。真相が知りたいです」と話していた。

兵庫県尼崎市から訪れた男性は「国策捜査だとは私は思いません。本人がどこまで主張を通すのか気になります」と話していた。

森友学園が運営する幼稚園でPTA会長を務めていた図越寛さん(38)は「幼稚園に通っていた長女の名前を勝手に使われて詐欺に利用されました。子どもをだしに使われ、大きな憤りを感じています。法と証拠に基づき、被告には罪を償ってほしい」と話していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする