衆議院予算委員会の集中審議で、立憲民主党の議員の質問後に、安倍総理大臣から不規則な発言があったとして、野党側が確認を求めたのに対し、安倍総理大臣は、「ばり雑言の連続で、反応の機会も与えられず、『無意味だ』ということを申し上げた」と述べた。

衆議院予算委員会は、午後の質疑で、立憲民主党の辻元清美幹事長代行の質問が終わったあと、野党側の理事が棚橋委員長に対し、「安倍総理大臣から『意味の無い質問だ』という発言があった」として、質疑をいったん中断して、速記録を確認するよう求めた。

その後再開した質疑で発言の真意を問われたのに対し、安倍総理大臣は「辻元氏はずっと、ばり雑言の連続だった。政策に関わりなく、『頭から腐っている』とずっと言い続けた。私としては、それに反論というか、反応する機会が与えられずに、質問を延々と繰り返された。あまりにも、こんなやり取りでは『無意味じゃないか』ということを申し上げた」と述べた。

辻元氏 「立法府として問題視すべき」

辻元氏 「立法府として問題視すべき」
立憲民主党の辻元幹事長代行は、国会内で記者団に対し「国会は、政府に対して、いろいろなことを批判したり、問うたりすることが保証されている。それを『ばり雑言だ』と思う総理大臣は、それだけで辞めたほうがいい。発言の撤回と謝罪を求めたい。立法府全体として問題視すべきだ。安倍総理大臣は、私個人に対してではなく、立法府に対してしっかりけじめをつけてもらいたい」と述べました。