新型コロナウイルスの感染者で国内で初めて死亡した80代の女性が、一時、入院していた相模原市の病院で、入院中の80代と70代の男性患者2人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに分かりました。

これは19日午後、相模原市が記者会見を開いて明らかにした。

それによりますと、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは「相模原中央病院」で入院中の80代と70代の男性患者2人で、このうち80代の男性は、持病の治療のため、今月6日から病院に入院していたということです。

この男性は17日発熱があり、肺炎と診断され、18日検査を行ったところ、新型コロナウイルスに感染していることが分かったということです。

これを受けて同じ部屋に入院していた患者を検査したところ、19日、70代の男性も新たに感染していることが分かったということです。

この病院では国内で初めて死亡した80代の女性が、一時、入院していたほか、看護にあたっていた40代の女性看護師の感染も明らかになっている。

相模原市では、2人の男性は、死亡した女性や看護師とは接触はなかったとみていたということで、18日発表した医療従事者や入院患者、合わせて69人が陰性だった検査の対象には入っていなかったと説明している。