東京都内で新型コロナウイルスに感染する人が急増していることを受けて、東京都などは、28日土曜日と29日日曜日、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。ツイッター上では、この週末をどう過ごすか、さまざまな声が上がっている。

この中では、
「外出自粛の週末は『断捨離』をする。買い占めもしないで、食べ過ぎからも脱出。モノと脂肪を減らして気持ちを前向きに」とか、
「不要不急の外出自粛だったら自宅でいつもより手をかけてふだん作れないものを作って、家族でパーティーごっこする予定」など、
自宅でできることに取り組もうという投稿が見られた。

さらに、この週末を利用して、手に入りにくいマスクを手作りしようという動きも見られる。
「どうせ家にこもるからマスク作るか」
「マスクの在庫が1枚になったので、この週末はマスクを作るよ!外出られないしね」

こうした家庭でのマスク作り。政府が、手近な材料で簡単に作れる方法を紹介する動画を公開している。

新学期からの学校再開に向けて文部科学省が作成したガイドラインには、近距離で会話する際のマスクの使用などが明示されている。

文部科学省健康教育・食育課の担当者は「春休みに親子でマスク作りに挑戦してもらい、手洗いやせきエチケットの大切さを話し合って、感染予防の意識を高めてほしい。マスクが足りない中、家族で、そして地域で助け合うことでなんとかこの難局を乗り切ってほしいと思います」と話していた。

もちろん、この週末、出勤だという人も多くいる。

「公共インフラ系の仕事なので不要不急の外出自粛に当てはまらず仕事です」
「薬局も休めないんだよね」
「保育園なんだもん。働く保護者を助けないといけないから休めないしテレワークできません」

さらに「わが職場。外出自粛要請だから、デリバリー売上を取ろうと人員確保なんだって。出勤になっちゃったよ」という投稿も見られた。

その一方で、
「あの年中無休のバイト先が土日休業とか驚きでしかない」
「コロナのせいでバイト先のレストラン2時間半も早く店閉めるから稼ぎたいのに稼げないのほんとにきつい」などという投稿もありました。