小池知事は30日夜、緊急の記者会見を開き、東京都内の新型コロナウイルスの感染状況について、「感染経路が不明な症例のうち、夜間から早朝にかけて営業しているバー、ナイトクラブ、酒場など、接客を伴う飲食業の場で感染したと疑われる事例が多発していることが明らかになった」と述べた。

そのうえで小池知事は「こうした場は感染のリスクが高いと言われる『換気の悪い密閉空間』、『多くの人が密集する場所』、『近距離での密接した会話』の3つの密がより濃厚な形で重なる場となっている。都民の皆様にはこうした場への出入りを控えていただくようお願いしたい」と呼びかけた。

さらに小池知事は「特に若者にはカラオケ、ライブハウス、中高年の方々にはバーやナイトクラブなど接待を伴う飲食店などに行くことは当面、控え、自粛していただきたい」と述べた。