新型コロナウイルスに感染する人が急増した場合に備えて、東京都は入院している軽症の患者たちが一時的に滞在できるホテルを借り上げ、来週にも順次、ホテルに移ってもらうことになりました。

これは、東京都の小池知事が3日午後の記者会見で明らかにしたものです。

それによりますと、都内のホテルを1棟まるごと借り上げ、新型コロナウイルスに感染して入院している人のうち、軽症の患者や症状がない人たちに、来週にも順次、移ってもらうということです。

都内では2日の時点で628人が入院していますが、このうち大半が軽症か症状がないということです。

都内の医療機関で、新型コロナウイルスなどの感染症に対応できる病床を、これまでに合わせて750床確保していますが、今後、感染者が急増した場合に備えて、より症状が重い人が病床を利用できるようにする必要があるとしている。

ホテルに移った患者については、医師や看護師が経過観察を続け、仮に重症化した場合は再入院してもらう方針だということです。

小池知事は記者会見で「きのうも100人に近い、多くの感染者が出た。医療崩壊にならないためにも、病床の確保と同時に軽症の患者の方々がストレスなく、一定の期間過ごしていただけるような環境づくりにまい進したい」と述べた。