東京などを対象に「緊急事態宣言」が行われることで、SNS上では「東京脱出」や「コロナ疎開」といったことばが話題になり、感染拡大を防ぐためにも移動を自粛すべきだという投稿が相次いでいる。

東京など7つの都府県を対象に「緊急事態宣言」が行われることから、SNS上では他の地域への移動を意味する「東京脱出」や、「コロナ疎開」といったことばが盛んに取り上げられている。

この中では「コロナ疎開とか本当にやめて。都合のいい時だけ田舎に来ないで」とか、「とにかく今は自身の居住地から離れないこと。一人一人が守れば、この事態は収まります」といった声のほか、「とにかく人の動きを止めないといけない。大事な人にうつさないため今は会わない。間違っても脱出とか疎開とか考えないでほしい」など、感染拡大を防ぐためにも移動を自粛するべきだという投稿が相次いでいる。

また、「田舎は病院小さいしお医者さん少ないし大変なことになります。一人一人が少し考えて行動を」といった投稿もありました。

「緊急事態宣言」の対象地域から別の地域に移動することについて、新型コロナウイルス対策にあたる政府の専門家会議のメンバーなど、専門家の有志はウェブサイトを通じて、出かけた地域でほかの人に感染を広げる、出かけた地域の医療従事者や保健所・行政に大きな負担をかけるとして、今いる場所や地域にとどまるよう呼びかけている。

そのうえで、宣言の対象となる7つの都府県でも「密集・密閉・密接の3密回避、接触8割減と外出1回」の対策を守っていれば、感染するリスクは低い状況だとして「あわてず、工夫しながらふだんの生活を続けることが大切です」と呼びかけている。