宮根誠司氏、与党間で浮上の一律10万円給付案に「僕はとりあえず、10万円配っちゃえと思う」

15日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

安倍晋三首相(65)と公明党の山口那津男代表(67)が会談し、国民1人あたり10万円の所得制限をつけない給付について話し合った件について、宮根誠司キャスター(56)は「政府の給付案が二転三転しているってことに国民は非常に不満を持ってますよね」と、まずコメント。

その上で「僕はとりあえず、10万円配っちゃえと。その方が早いじゃないかと。その後、いろいろ月収が半減したとかお給料が半分になったとかって人に給付をするって方が今日、明日、お金が欲しいって人がいらっしゃるからには、国民一律10万円配っておいて、(収入が)減らなかった人は後で税金で引く方が早いのでは」と問題提起していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする