新型コロナウイルスの感染防止対策として、全国の大学では通常の講義に代わり、インターネットを使ったオンライン講義が増えていますが、初日にシステムのトラブルなどで影響が出る大学が相次いでいる。

全国に7つのキャンパスがあり、およそ3万人の学生が通う東海大学は、11日からオンラインによる講義を開始しましたが、10日の夕方から専用のサイトへの接続ができない状態となり、11日の午前中の講義に影響が出たということです。

午後1時までに障害は復旧しましたが、詳しい原因は調査中ということで、システムに何らかの障害が出た可能性あるとしている。

また、早稲田大学も11日からオンラインの講義を始めましたが、サーバーにアクセスが集中したことなどから、一部の動画の再生に不具合が出たり、エラー画面が表示されたりするトラブルが一時発生したということです。

このほか、先週からオンライン講義を開始した明治大学でも初日の今月7日に学生のアクセスが集中し動作が遅くなるなどの影響があったということです。