品薄が続いているアルコール消毒液などの転売が今月26日以降、法律で禁止されます。社会経済活動の再開に伴って需要が増えると見込まれているためで、転売の禁止はマスクに続く措置となります。

新たに転売が禁止されるのは、消毒用エタノール、エタノールを含む消毒液、ハンドソープのほか、エタノール濃度が60%以上の除菌シート、除菌タオル、食品添加物、酒などです。

個人や業者が仕入れ価格より高値で転売する行為が禁止され、違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくはその両方が科される。

法律による転売禁止はマスクに続く措置で、今月26日に施行される。

新型コロナウイルスの感染拡大でアルコール消毒液などの品薄の状態が続く一方、オークションサイトやフリマアプリでは、運営会社が出品の制限や禁止の方針を示しているにもかかわらず高額出品が相次いでいて、転売目的の買い占めが問題となっている。

メーカーは増産を続けていますが、社会経済活動の再開に伴って、今後、需要の増加が見込まれることから、政府は22日の閣議で政令を改正し、法律に基づく転売の禁止を決めた。