麻生副総理兼財務大臣は閣議決定した第2次補正予算案について、記者会見で「やらなければ結果としてもっと経済が落ち込むことになりかねないので、ここは覚悟を決めて財政出動をして、失業や倒産を防ぐということだ」と述べた。

この中で麻生副総理兼財務大臣は「緊急事態宣言の全面解除を受けて、感染防止の取り組みを進めつつ事業活動を本格的に再開していく必要があるが、完全な日常を取り戻すにはかなりの時間がかかる状況になっている。こうした状況で引き続き事業者の方や雇用をしっかり守り抜くととともに、感染の第2波のおそれに備えておかないといけないという考えで、第1次の補正予算を強化するために第2次補正予算案を決定した」と述べた。

そのうえで「今後の長期戦を見据えて臨機応変な対応ができるように予備費も10兆円積み増している。予算案の早期成立と迅速な執行を目指していきたい」と述べ、今の国会での速やかな成立を目指す考えを示した。

さらに、大規模な歳出によって財政状況が悪化することについては「やらなければ結果としてもっと経済が落ち込むことになりかねないので、ここは覚悟を決めて財政出動をして、失業や倒産を防ぐということだと思っている。厳しい財政状況になっているのは確かだが、やらなければもっと悪くなるということで、かじを切った」と述べた。