東京都の関係者によりますと、24日、都内で新たに55人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。1日の感染の確認が50人以上となるのは、大型連休中の先月5日以来です。また、先月25日に緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多くなりました。

55人の中には、夜の繁華街で働く人たちの集団検査で陽性となった人や同じ職場内で相次いで感染が確認された人などが含まれているということです。これで、都内で感染が確認された人は、合わせて5895人になりました。

菅官房長官「積極的検査の結果含まれる」

菅官房長官は、午後の記者会見で「社会経済活動のレベルを段階的に引き上げていく方針に変わりはない。ここ数日、新たな感染の確認は一部の場所にとどまっており、東京では一定の新規感染者が継続して確認されているが、濃厚接触者などに積極的に検査を受けていただいた結果によるものが含まれていると承知している。引き続き、東京都を含めて自治体と緊密に連携し、感染拡大防止と社会経済活動の両立に取り組んでいきたい」と述べた。