千葉県内では10代から70代までの男女22人が、新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認された。

千葉県などによりますと、新たに感染が確認されたのは、千葉市に住む20代から70代までの男女7人、市川市に住む20代と30代の男性4人、四街道市に住む20代と60代の男女など合わせて22人です。

このうち四街道市の20代の女性は、すでに家族の感染が確認されていて、症状が出た先月30日まで勤務先の県内の高齢者施設に出勤していたということです。

今のところ、この施設でほかに症状を訴えている人はいないということですが、保健所は濃厚接触者について検査を行う方針です。

また、集団感染が起きている松戸市にある「北原学院歯科衛生専門学校」では、新たに鎌ケ谷市に住む20代の女子生徒の感染が確認されたほか、東京都でも1人の感染が確認され、これまでにこの学校の学生で感染が確認された人は合わせて14人となりました。

9日、千葉県で新たな感染者として発表された22人のうち、14人については現時点で感染経路がわかっていないということです。

また、20人を超えたのは、4月23日以来、およそ2か月半ぶりとなります。

千葉県内で感染が確認された人は、これで合わせて1056人となりました。