長野県小諸市の80代の男性と県内を訪れていた埼玉県に住む40代の男性が、新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認された。これで県内の感染者は合わせて113人となりました。

長野県によりますと、新たに感染が確認されたのは小諸市の無職の80代の男性と埼玉県の会社員の40代の男性の2人です。

このうち小諸市の男性は先月29日に感染者が確認された小諸市加増にある理容店「ヘアサロン マスターキー」を利用していて、保健所に相談して1日に検査した結果、陽性が判明しました。男性の濃厚接触者は今のところ同居する家族1人で、検査の結果、陰性だったということです。

県はこの理容店を7月21日から26日までと7月28日と29日の合わせて8日間に訪れた人は、症状の有無にかかわらず相談するよう呼びかけていてこれまでに191人から相談が寄せられ、このうち113人の検査が終わっているということです。

一方、埼玉県の男性は先月31日に車で長野県に訪れる道中で体調を崩し、医療機関で検査した結果、陽性とわかりました。県によりますと男性は今のところ県内では医療機関しか受診しておらず、濃厚接触者がいる可能性は低いとしている。

これで県内の感染者は合わせて113人となり、このうち83人が退院している。