千葉県内では、0歳から80代までの男女合わせて51人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認された。

新たに感染が確認されたのは、佐倉市や松戸市、市川市などに住む0歳児から80代までの男女合わせて51人です。

このうち、集団感染が確認されている佐倉市のカラオケのできる2つの飲食店では、70代から80代の利用客3人が感染していることが新たに確認された。

またすでに感染が判明している4人が利用していた市内にある別のカラオケができる喫茶店でも新たに従業員2人の感染が判明した。

これで、3つの店舗で合わせて関係者20人の感染が確認され、中には複数の店舗を利用していた客もいるため、県は利用客を通じて店から店に感染が広がったとみて調査している。

また、市川市に住む20代と30代の看護師2人は、いずれも市内の同じ医療機関に勤務しており、県は濃厚接触者を特定し、検査を行う予定です。

このほか船橋市立リハビリテーション病院に入院中の70代の男性は、発熱の症状が出て検査した結果、感染が確認された。男性の感染経路は不明ですが、病院にはおよそ2か月前から入院していたということで、船橋市は、男性と濃厚接触したとみられる入院患者や職員のウイルス検査を行っているということです。

また、柏市では市内に住むいずれも10代の小学生と中学生の兄弟2人の感染が確認されました。2人が通う学校では、消毒を行うとともに同級生など濃厚接触者およそ30人には自宅で待機してもらうということですが、休校にはしないということです。

これで千葉県内で発表された感染者は1770人となりました。