沖縄県は新型コロナウイルスの対策本部を開き、西表島など離島でも感染者が出ていることを受けて、県独自の緊急事態宣言での不要不急の外出自粛を求める対象地域を沖縄本島だけでなく県内全域に拡大することを決定した。

竹富町の西表島など離島でも感染者が出ていることを受けて、県は5日午後、新型コロナウイルスの対策本部を開きました。

このあと、玉城知事は記者会見を行い、県独自の緊急事態宣言に追加の対策を決めたと発表した。

この中では不要不急の外出自粛を求める対象地域を沖縄本島だけでなく県内全域に拡大するとしている。

また、ことしのお盆の期間について、緊急事態宣言の期間中にあたることから、県外からの帰省は控えるよう呼びかけた。

さらに、感染者の集団=クラスターが発生した那覇市の松山地区に加え、宮古島市と石垣市の夜の街の接待を伴う飲食店に対し、7日から2週間、休業を要請するとしている。

すべての期間で休業するなど要件を満たした事業者に対しては協力金を支給するとしている。