東京都は新型コロナウイルスの感染状況などを分析・評価する会議を開き、現在の都内の感染状況についてすべての世代に感染が広がっているなどとして、4段階ある警戒のレベルのうち前の週に続いて最も深刻な表現にした。

東京都は6日、現在の都内の感染状況と医療提供体制を分析・評価する「モニタリング会議」を開きました。

出席した専門家は感染状況について、新たな感染の確認が3日間で1000人を超えるペースで増加していて、5日までの1週間の平均が前の週のおよそ1.34倍の346.3人になっていると説明した。

そのうえで、すべての世代に感染が広がっているほか感染経路も多岐にわたっていて、無症状や症状の乏しい人が気がつかないうちに感染を広げている可能性があると指摘した。

こうした状況を踏まえ、現在の状況を「感染が拡大していると思われる」として、前の週に続き4段階あるレベルのうち最も深刻な表現にした。

また、「医療提供体制」については、重症化リスクのある中高年の人や中等症の入院患者が増加しつつあるとした一方で、重症患者向けの病床はまだ確保できていると指摘した。

そのうえで、4段階あるレベルのうち上から2番目の「体制強化が必要であると思われる」と評価し、こちらも前の週と変わりませんでした。

小池知事は「感染しない、感染させないという意識を持ち、慎重な行動をお願いする」と述べた。