千葉県内で6日に発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は0歳から80代までの男女合わせて76人で、今月1日の73人を上回り、これまでで最も多くなりました。

千葉県などによりますと、新たに感染が確認されたのは千葉市や佐倉市などに住む0歳から80代までの男女合わせて76人です。

このうち、佐倉市のいわゆる「昼カラオケ」ができる店舗での集団感染をめぐっては、新たに1店舗で4人の感染が確認されるなど、新たに8人の感染が確認された。
これで感染が確認されたのは、合わせて5店舗で38人となりました。

また、感染が確認された木更津市の60代の男性は、これまでに職員や利用者3人の感染が確認されている県内の高齢者施設でデイサービスを利用していたということです。

このほか、柏市では30代の女性が症状はなかったものの、実家への帰省を前に自費で検査を受け、感染が確認されたということです。

6日に県内で発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は76人で、1日に発表された数としては今月1日の73人を上回り、これまでで最も多くなりました。

これで千葉県内で発表された感染者は1986人となりました。

千葉県健康福祉部の久保秀一健康危機対策監は、「厳しい状況が続いていると認識している。帰省を計画している人もいると思うが、熱などの症状がある人はキャンセルして家にいるようにしてほしい。症状のない人も外出する時にはマスクを着用するなど、感染拡大防止の対策を徹底してほしい」としている。