長崎県は、大村市と雲仙市で合わせて3人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表した。県内で感染が確認されたのは、長崎港に停泊していたクルーズ船の乗組員を除いて、これで148人になりました。また長崎市は、感染が確認されていた市内の男性が6日に死亡したと発表した。この男性は、クラスター=感染者の集団が発生した市内の「長崎みなとメディカルセンター」の入院患者で、基礎疾患があったということです。長崎県内で、死亡した感染者はこれで3人になりました。