新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた新たな社会像を議論するため、政府の未来投資会議は、「人の流れの回復」をテーマに免疫学の専門家などから意見を聴き、安倍総理大臣は、今後、抗原検査のさらなる活用などについて検討を進める考えを示した。

政府の未来投資会議は、新型コロナウイルスの感染拡大の経験を踏まえて、新たな社会像や国家像について議論を行っていて、7日は、「人の流れの回復」をテーマに免疫学の専門家や石油プラントの整備を行う会社の関係者などから意見を聴きました。

このあと、安倍総理大臣は「『ウィズ・コロナ』の時代にあって、効果的な感染防止策を講じることと、社会経済活動を段階的に回復させていくことの両立を、しっかり図っていく必要がある」と述べた。

そのうえで「抗原検査のさらなる活用や人の流れを回復するための検査体制の整備、各国間の出入国の円滑化と渡航制限レベルの見直しなどについて意見をいただいた。今後、このような論点をひとつひとつ解決していきたい」と述べた。