秋田県と秋田市は、JR東日本秋田支社のバスケットボール部の20代の男性部員1人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。また、このバスケットボール部が今月2日に練習試合を行った際に審判を務めていた、能代保健所管内の30代の地方公務員男性も感染していることが分かったということです。

これで新型コロナウイルスへの感染が確認されたJR東日本秋田支社のバスケットボール部の部員は合わせて7人となり、秋田県内で感染が確認された人は合わせて28人となりました。