秋田県で8日、新たに40代の男性と30代の男性の2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

秋田県内の感染者はこれで34人となりました。

秋田県と秋田市によりますと、2人ともJR東日本秋田支社のバスケットボール部で発生したクラスターで確認された感染者の同僚だということです。

このうち40代の男性は8月4日に37度7分の発熱やのどの痛みなどがあり、PCR検査を受けたところ、感染が判明したということです。

また30代の男性は、能代保健所管内に住む会社員だということです。