千葉県内で8日発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は、幼児から80代までの男女合わせて53人でした。

千葉県などによりますと、新たに感染が確認されたのは船橋市や佐倉市などに住む幼児から80代までの男女合わせて53人です。

このうち千葉県木更津市の介護施設「サンライズトレーニングデイ」では、新たに60代の男性利用者1人の感染が確認され、この施設での感染者は合わせて5人となりました。

県によりますと主に高齢者がリハビリを行う施設で、県は集団感染が発生したとして、ほかの利用者の検査を進めることにしている。

また、集団感染が確認されている「船橋市立リハビリテーション病院」では、新たに80代の入院患者の女性と20代の医療従事者の女性の感染が確認され、感染者は合わせて14人となりました。

このほか佐倉市のいわゆる「昼カラオケ」ができる店舗をめぐっては5つの店で集団感染が確認されていますが、このうちの1店舗を利用した70代の女性について新たに感染が確認され、感染者は39人になりました。

一方、千葉県高校野球連盟は市原市の東海大学付属市原望洋高校の野球部が、部員1人の感染が確認されたとして、夏の全国高校野球の中止を受けて開催されている県独自の大会への出場を辞退したと発表した。

これで千葉県内で発表された感染者は2104人となりました。