世界の新型コロナウイルスの感染者が累計で2000万人を超えました。南アジアや中南米で感染の急拡大が続いているほか、ヨーロッパなどでも感染が再び増加する傾向にあり、世界的に増加のペースは速まっている。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、世界全体の新型コロナウイルスの感染者の累計は、日本時間の11日午前9時の時点で、2000万1019人と、2000万人を超えた。

また、亡くなった人は73万3897人に上っている。

感染者が500万人増えるまでの日数を比べると、
▼WHOによる最初の発表から500万人を超えるまで128日かかったのに対し、
▼500万人から1000万人は38日、
▼1000万人から1500万人は25日と次第に短くなり、
▼1500万人から2000万人は19日と、増加のペースは速まっている。

世界で最も感染者が多い国はアメリカで、累計の感染者数は日本時間の10日に500万人を超え、死者数も16万人を超えた。

一方、感染者の増え方には各国で違いがみられる。

オーストラリアや中東のイスラエルなどは、日本と同様に、1日当たりの新たな感染者数が一時期、減少しましたが、外出制限などが緩和されたあと再び増加傾向に転じ、このうちイスラエルは、先月28日には1日の新たな感染者数が2308人と、それまでで最も多くなりました。

また、南アジアのインドや南米のコロンビアなどは、1日当たりの新たな感染者数が大きく減る期間がないまま、日を追うごとに感染者数が増える状況で、特にインドは、1日当たりの新たな感染者数がアメリカを上回るペースとなっている。

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、世界で感染が広がり続けていることに懸念を示す一方、ニュージーランドなどでは早い段階でウイルスを封じ込めることができたとしたうえで、「各国のリーダーは対策を加速し、市民はそれに応じる必要がある」と述べている。