東京都の小池知事は、熱中症で搬送される患者が相次いでいるうえ、65歳以上が自宅などで発症して搬送されるケースが多いとして「特別な夏であることしは新型コロナウイルス感染症に加えて、熱中症の対策を同時に行うようお願いしたい」と述べ、警戒を呼びかけた。

東京都の小池知事は14日の記者会見で「連日、熱中症の警戒アラートが発表され、本当に危険な暑さといえる。ここ数日、多い日は200人以上が熱中症で救急搬送されている」と述べた。

そのうえで、東京消防庁のまとめでは、8月に入って都内で熱中症や熱中症の疑いで救急搬送された人のうちおよそ4割が自宅などで発症し、このうち中等症以上のおよそ85%が65歳以上だと明らかにした。

そして「エアコンをつけずに熱中症になって重篤になった事例も複数ある。屋内で過ごす場合はエアコンや扇風機などをうまく活用し、密閉を回避するため窓をときおり開けて風通しをよくすることを心がけていただきたい」と述べた。

そのうえで「特別な夏であることしは新型コロナウイルス感染症に加えて、熱中症の対策を同時に行うようお願いしたい」と述べ、警戒を呼びかけた。

また、都の独自の緊急事態宣言を出すかどうかについて小池知事は「さらなる営業時間の短縮の要請などいくつかの方法もあろうかと思う。専門の意見を踏まえながらになると思うが、いつどのような形で出すのか、出す必要性があるかどうかさまざま分析をしていきたい」と述べ、専門家の意見を踏まえて検討を進めていく考えを示した。

ホテルか自宅か統一基準を早急に検討

さらに、東京都の小池知事は、新型コロナウイルスに感染したものの医師から入院の必要がないと判断された人について、ホテルで療養してもらうか自宅で療養してもらうかの統一した基準を早急に検討する考えを示した。

13日に開かれた都の会議の中で、専門家は「無症状や軽症の患者の入院で病院がかなりひっ迫してきている」として、医師から入院の必要がないと判断された人について、ホテルで療養してもらうか自宅で療養してもらうかの統一した基準を定めて運用する時期に来ていると指摘した。

これについて、小池知事は14日の記者会見で「保健所も濃厚接触者の調査なども含めてフル回転している状況だ。これらの目安については、専門家の意見を伺いながら早急に検討していきたい」と述べ、統一した基準を早急に検討する考えを示した。