千葉県八千代市の2つの保育施設で、15日までに園児と職員の合わせて15人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、県は感染者の集団=クラスターが発生したとみて調べている。

千葉県は、15日、八千代市にある保育施設「クレヨンキッズインターナショナル」と「クレヨンキッズ八千代緑が丘園」で、園児8人と職員5人の合わせて13人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。

県によりますと、これまでに職員2人の感染が確認されていて、施設での感染は合わせて15人となり、県は感染者の集団=クラスターが発生したとみて調べている。

この2つの保育施設は運営する法人が同じで、同一の建物内にあり、カーテンで仕切られていますが、双方の施設どうしで職員の往来があったということです。

職員はマスクをつけて業務にあたっていましたが、一部の子どもはマスクをしていなかったということです。

2つの保育施設は、現在は夏休みなどで保育業務を行っていないということで、県は感染拡大を防ぐための対策や調査を進めている。