群馬県は16日、県内で新たに19人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

1日で感染が確認された数としては伊勢崎市の有料老人ホームでクラスターが発生したことし4月11日の35人に次いで多く、緊急事態宣言の解除後では最も多くなりました。

県内で感染が確認された人はこれで298人となり、このうち19人が死亡している。